· 

定例記者会見 2022年7月29日

出席者

  • 立花 孝志 党首
  • 浜田 参議院議員
  • 黒川 敦彦 幹事長



報告事項

 

目次

  1. NHK受信料の肩代わりを実行しています!
  2. 念願の『総務委員会』&花形の『予算委員会』ー 会派『NHK党』の所属委員会について
  3. 弁護士法72条違反を追及する民事裁判の判決について
  4. 電通への強制捜査は日本の歴史を大きく変える事件!
  5. 参院選後のオフ会やアンケート、ポスター情報の管理について



報告内容

 

1.NHK受信料の肩代わりを実行しています!

 

立花孝志党首

 NHK受信料裁判に負けた方の受信料の肩代わりについてです。7月は24件で合計225万円でした。6月は11件で合計59万円でしたが、件数が増えてきております。参院選にて大々的にPRできたからだと考えております。

 

 NHKがコロナ禍で減らしていた受信料裁判の件数を元に戻してきております。現在、コロナ禍で国民の生活が困窮しているため、NHK受信料の支払いが遅れても利息を徴収しないという総務省令が出されておりますが、コロナなど関係なく受信料は強制的に取るというNHK側の動きが見て取れます。

 

 いずれにしても、NHK党は「NHKにお金を払うのをやめましょう!」という運動をしております。自民党をはじめ、NHK党以外の国会議員はスクランブル放送の議論すらするつもりがないので、2議席しかないNHK党としては、スクランブル放送の実現はいったん棚に上げ、NHK受信料の不払い運動を行っていきます。

 

 多数派と多数決の違いを知らない人が多すぎます。多数派と少数派の考えを共存させることは大事です。少数派の行動が多数派に影響を及ぼさなければ多数決をする必要はありません。民主主義国家の基本中の基本です。

 

 例えば、消費税率を払いたい人だけが払うという制度にすれば、払う人の負担が大きくなります。一方で、NHK受信料は税金とは違います。NHKは電気・ガス・水道と同様に公共サービスですので、払わない人には電波を止めればいいだけです。つまり、多数決によって一つの方向に導く必要性がないというのがNHK党の考え方です。

 

 「みんなが払っているから」「法律で決まっているから」という理由で払わなくてもよいのです。他の公共サービスはお金を払わなければサービスが止まります。ですが、NHKはサービスを止めずに裁判をしてきます。一般の国民からすれば恐怖以外の何物でもありません。

 

 NHKが国民を脅してお金を取ることについて、NHK党は「NHKを観たくない」という少数派の意見をしっかりと取り入れてお金を払わない国民をお守りします。そもそもの法律も契約は義務ですが、支払いは義務ではありません。

 

 2年前、片山虎之助議員による「受信料の支払いを義務化したらいい」という国会質問に対し、前田晃伸NHK会長は「NHKの弱みがゼロになり国民の声を聞かなくなってしまうため反対」だと答弁しました。

 

 NHK党はNHKにお金を支払わない方を一人でも多く増やしていき、支払わないことでの不安や恐怖を取り除くため、裁判になった場合はNHK党が受信料を肩代わりしております。

 

 原資は、会派を作った議員一人当たり65万円支給される『立法事務費』から出しています。領収書のいらないお金です。足りない場合はNHK党の政党助成金から出していきます。肩代わりする受信料は年間30007000万円を予想しています。NHK党には年間3.3億円の政党助成金が入ってきますので、十分対応できると考えております。

 

 万が一、NHKが裁判件数を増やしてくるようであれば情報公開をし、みなさまから寄付・献金を受けることも考えておりますが、今のところそういったつもりは一切ありません。NHK党は選挙にお金を使わないために、こういった形で国民の救済ができるのです。

 

関連リンク

203回国会 参議院 総務委員会 第4号 令和21126

 

2.念願の『総務委員会』&花形の『予算委員会』ー 会派『NHK党』の所属委員会について

 

立花孝志党首

 本日午前中、浜田聡とガーシーによる会派『NHK党』の届けを出し、常任委員会と特別委員会の役員の調整と抽選が行われました。82日(火)が最終決定日のため、まだ確定はしておりませんが、抽選の結果、ひとつめの常任委員会は『総務委員会』に決まりました。

 

 NHKの予算を審議する委員会であり、3年前はポストが空かず抽選にすら参加できませんでした。ですが今回は、憲法審査会のポストを開ける代わりに、総務委員会のポストをふたついただきました。

 

 総務委員会に入れたことで、来年3月末に行われる令和5年度のNHK予算の審議に参加できます。NHKの会長や理事、役員に対して直接質問ができ、ポストがふたつあることで質問時間も37分となる見込みです。前田現会長は来年1月で任期を迎え再任されないようなので、NHKの新会長に向けて質問できる可能性が極めて高くなっております。

 

 ふたつめの常任委員会は『予算委員会』となりました。予算以外のことでもなんでもやっていいという花形の委員会となります。

 

浜田聡参議院議員

 特別委員会は、『東日本大震災復興特別委員会』となりました。

 

 NHK問題を国会で取り上げたいため総務委員会の議席は大きく、予想以上のすばらしい結果でした。質問内容については党首と相談していきますが、NHK党が政党助成金を使ってNHK党コールセンターを開設し、NHK受信料不払い運動を行っていることについて周知していきたいと考えております。

 

 その他、公約として掲げている『規制緩和』や『電波周波数問題』についても取り組んでいきます。

 

 それから、予算委員会ではテレビ中継があります。質問順は最後となるため毎回放送されるかはわかりませんが、これまでとは別次元の質問機会となり、やりがいを感じております。

 

関連リンク

参議院会派NHK党(浜田聡とガーシー) 総務委員会と予算委員会の予定 2022 07 30

 

3.弁護士法72条違反を追及する民事裁判の判決について

 

立花孝志党首

 NHK集金人による弁護士法72条違反を追及していた民事裁判の判決が出ました。被告はNHKであり、稲葉修作という反社のような人物を使って受信料の請求をしたことについての裁判です。

 

 稲葉修作はソフトバンクの個人情報の窃盗、新型コロナ補助金詐欺のふたつの罪ですでに実刑5年が確定している人物であり、過去、NHK集金人として障害をお待ちの方の自宅に訪問し、脅迫や恫喝、不退去を行いました。

 

 結果は、原告である被害者の請求を全面的に棄却するという判決でした。これが今の裁判所です。裁判所には期待をしていないので控訴しません。NHKとの裁判に関しては何をしても無駄だというのが明らかな判決でした。

 

 これからは、NHKから裁判された場合はお金を払って直ちに終わらせます。

 

関連リンク

NHK集金人の実態【稲葉修作】 稲葉修作で検索すると彼が補助金詐欺や顧客情報漏洩で逮捕されている事がニュースになっています。NHKは稲葉修作について視聴者・国民に一切説明をしていません。

 

4.電通への強制捜査は日本の歴史を大きく変える事件!

 

立花孝志党首

 東京地検特捜部が電通本社を家宅捜索したことについては青天の霹靂でした。

 

 元々NHKのスポーツ担当で放送権の買い付けを行っていたため、家宅捜索を受けた元電通専務である東京五輪・パラリンピック組織委員会の高橋治之元理事が、スイスのISLで実権を振るっていたこともよく知っていました。

 

 オリンピック組織委員会の理事になるとみなし公務員となるため、AOKIから受け取っていた顧問料が贈収賄の対象になるということが欠落していたのではないかと思います。電通にメスが入るなんて考えられないことだったので油断されていたのだと思います。

 

 陰謀論になってしまうかもしれませんが、安倍晋三元総理の死去は電通の捜査に影響を及ぼしていると思います。ある意味重しが取れて、東京地検が電通を叩けるようになったのだと思います。テレビの報道が少ないため、テレビ局は電通に遠慮しているように見えます。

 

 電通に関する不祥事が表沙汰になる日本になったということで、嬉しいニュースとしてとらえています。日本を牛耳ってきたのは電通だと考えておりますので、東京地検の捜査が入ったことは日本の歴史を大きく変える事件だと思っております。

 

 国の骨組みを揺るがすような犯罪について東京地検が動くわけなので、これから驚くような政治家が捜査線上に上がってくるのではないかと思います。捜査の行方について注視していきます。

 

関連リンク

電通に強制捜査・元NHK職員が電通について詳しく語ります。

 

5.参院選後のオフ会やアンケート、ポスター情報の管理について

 

黒川敦彦幹事長

 23日(土)に仙台にてボランティアの方々とオフ会を行いました。これからも地方に赴く際はオフ会を行っていきたいと考えております。その際はお声がけさせていただきます。

 

 参院選にて各都道府県でポスターをどのくらい貼れたかや街宣等の活動状況に関するアンケートを準備しております。LINEオープンチャット等にて発信いたしますので、ボランティアに参加された方は目安でかまいませんのでご記入ください。

 

 93日(土)に『全国同日選挙お疲れ様交流会』を開催いたします。各県で幹事を決めるなど企画していただき、なるべく多くの方にご参加いただけたらと思います。

 

 入手していただいたポスター掲示場の地図ですが、捨てずに各都道府県にて保管いただけたらと思います。93日のオフ会を目途に、保管するリーダーや次の選挙時にポスター掲示場の地図を取りに行く担当を決める方針です。LINEオープンチャットやボランティアご登録時に記入いただいたメールアドレスに情報をお送りしますのでご確認ください。




会見動画

参加者の方々との質疑応答は本議事録には収載しておりません。

質疑応答を含めた本日の会見全体を以下のYoutube動画でご覧いただけます。

【記者会見ライブ】729日(金)午後1時からこの会見はどなたでもご参加できます。参議院議員会館でお待ちしております。

 

会見ご参加方法

NHK党の定例記者会見は、どなたでもご参加・ご質問いただけます。身分を証明するものをご持参の上、参議院議員会館へお越しください。

 

開催日程 毎週金曜日

場所   参議院議員会館(〒100-0014 東京都千代田区永田町2丁目11)

入館方法 入館申込み方法 - NHK 公式サイト

 

お問い合わせ

NHK党コールセンター

電話番号 0336960750

営業時間 9002300

 

お問い合わせフォーム

 

▼NHK党関連サイト

NHK | 公式サイト

NHK党参院選特設サイト

NHK受信料を支払わない方法を教えるサイト

NHK撃退アプリ

 

堀江政経塾 | 公式サイト

 

立花孝志 | 公式YouTubeチャンネル

参議院議員 浜田 | 公式YouTubeチャンネル

GAAC2 | ガーシー専用SNS

 

▼NHK党関連LINEオープンチャット

《全国》

オープンチャット「諸派党(NHK)ー全国」

 

《地域別》

オープンチャット「北海道ー諸派党(NHK)

オープンチャット「東北ー諸派党(NHK)

オープンチャット「北関東ー諸派党(NHK)

オープンチャット「南関東ー諸派党(NHK)

オープンチャット「北陸信越ー諸派党(NHK)

オープンチャット「東海ー諸派党(NHK)

オープンチャット「近畿ー諸派党(NHK)

オープンチャット「中国ー諸派党(NHK)

オープンチャット「四国ー諸派党(NHK)

オープンチャット「九州ー諸派党(NHK)

オープンチャット「東京ー諸派党(NHK)

 

《雑談専用》

オープンチャット「フリートークー諸派党(NHK)

 

要約担当

とおにしまなみ(遠西愛美) @ChikiChiki_Tony