最新情報


参議院選挙全国比例 政党助成金分配ルール

NHK党では次期参院選全国比例ブロックに出馬ご希望の方を募集しています。出馬の可否は党首立花孝志が判断いたしますので、ご希望の方は立花孝志携帯 080-2508-9347 へお電話ください。

ダウンロード
【案内資料】参院選全国比例‗政党助成金分配ルールについて‗20200519.pd
PDFファイル 1.9 MB

定例記者会見

開催日:令和4年5月27日(金)

時間:13:00~

場所:参議院会館

 

 



党声明


沖縄本土復帰 50 周年を迎えて

本日、沖縄本土復帰 50 周年という大きな節目を迎えました。先の大戦では県民の約 4 人に 1 人に当た る約 9.4 万人の一般住民が死亡し、計20 万人の犠牲を伴う等の苛烈な地上戦を経験し、その後の米国統 治下の時代を経て本土復帰を果たした頃の沖縄は、言葉では表現し難いほどの状況であったと思います。 その後、本土復帰からの沖縄は、関係者のご努力によって素晴らしい発展を遂げました。関係者の皆さまには心より敬意を表します。一方で、米軍基地等の社会的な問題や多数の離島を抱える地理的問題等に加え、全国最下位と言われている一人当たり県民所得や厳しい状況にある子供の貧困など、なお解決すべき課題を抱えています。令和 4 年 3 月 31 日には、沖縄振興特別措置法等の一部を改正する法律が成立しました。国政政党として、今後も沖縄固有の諸問題に対して国会で真摯に向き合ってまいります。

また、沖縄県のNHK受信料の支払率は全国で最も低く、2020年度末時点でのNHK発表資料を見ても半数以上の世帯が受信料を支払っていません。これは沖縄県民にとってNHKは必要ないという何よりの証左です。今後もNHK党は、NHKを見たくない国民をNHKから全力でお守りし続けます。

 

NHK党 党首

立花孝志

 

以上

党首あいさつ


 

現在の政治は、特定の団体のしがらみや党議拘束などの活動規制、莫大な時間とお金を要しながら落選後の補填が一切ない選挙運動が当たり前であり、一部の既得権からの得票を得なければ長く政治を続けることが非常に困難です。

その結果、既得権からの多数派の声が尊重され、少数派の意見が抑圧されるというゆがんだ民主主義が横行しています。真の民主主義において多数決はあくまでも公共の課題等に関する決断を下すための手段であり、少数派個人の基本的な人権と自由は保障されるべきものです。

NHK党は、真の民主主義の実現のため、『諸派党構想』戦略を掲げ、少数派が抑圧されることなく公平に戦える場をつくることで政界に嵐を起こします。

一部の既得権からの得票に頼るだけの政治家ではなく、志ある真面目で優秀な人が多数政治参加したいと思える世界を作り、真の民主主義実現を目指します。

また、NHKを見たい人だけ受信料を支払い、NHKを見たくない人は受信料を支払わなくても良くなるNHKのスクランブル化も非常に重要な政策のひとつです。

メディアは核兵器に勝る武器です。大きな力を持っているからこそ独立性が非常に重要であり、既得権に頼らないことで社会的使命を果たすことができます。

しかしながらNHKスクランブル放送の実現を求める国民の声が未だ立法府に届かず実現に至らないのは、NHKが既得権そのものである何よりの証左ではないでしょうか。

NHKによる被害の声は今もなお届き続けております。立花孝志はNHKの被害者をお守りするためにNHKスクランブル化が実現されるまで今後も徹底的に戦い続けることをここに誓います。 

 

令和3年6月28日

NHK党

党首 立花孝志

NHK党役員


党首/選挙対策委員長/次期選挙戦略本部長

前参議院議員

立花 孝志

たちばな たかし


副党首

前衆議院議員

丸山 穂高

まるやま ほだか


政策調査会長

参議院議員

浜田 聡

はまだ さとし


幹事長

黒川 敦彦

くろかわ あつひこ

SNS



NHK党
立花孝志

Instagram


お問い合わせ


予定・政策・取材・メディア出演依頼などのお問い合わせは、こちらよりお願い致します。

担当:末永ゆかり

080-8012-2514

ホームページ・各種SNSなどのお問い合わせは、こちらよりお願い致します。

担当:宮城そういち

090-7000-3620